トップページへ ユーザー登録・変更 トレーニング開始


  

         
 
Google
 
Web gfinf.net

役立つ資格メールマガジン『Project-∞ News』を御購入頂いたユーザ様に無料で配信します!
Project-∞最新機能や、各業界動向などを定期的にお届け致します。メールマガジンの登録は
ユーザー登録・変更ページ
からできます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Project - ∞ News】 日本を再構築! インフィニティの先には?    vol.018
        <http://www.gfinf.net>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールは『Project - ∞』の会員の方に、IT関連の資格情報及び、関連情報を
送信させていただくものです。

『Project - ∞』(プロジェクト インフィニティ) …
それは教育業界の常識を覆す、低価格・高品質な教育ツールの提供を企てる計画。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

皆様、こんにちは! 
最近、M&A(企業買収・合併)が旬ですね。今話題の某ISP社と某放送企業の攻防はそ
の一端を派しています
ある放送局の調査によると、40代・50代のサラリーマン、即ち、日本経済成長をリ
ードしてきた世代の35%以上が、某ISP社30代の若社長を応援しているという結果が
出たそうです。私は「世知辛い世の中でガンバッテルお父さんお母さんたちって、
とってもステキ!」と思ってしまいました。

一方、日本のTOP機関はというと、某ISPにマッタ!をかける(※)ような法律改定を
しようとする動きを始めたり、某放送局の防衛策にマッタ!をかけた某ISP社の申請
を受理した別の機関もあったり…。
(※)もし法律が改定されても、この攻防戦自体への直接的作用は無く、新たな攻防
戦を繰り広げようとしている人へのメッセージだと思います・・・・多分。

TOP機関をも巻き込んだこの攻防、どうなるか予測が難しいですが、いずれにせよ
今は新しい時代に変わりつつあり、それに合う新たな国づくりが望まれているよう
です。
それには、まず私達自身が世の中を変えるのだ!という意識を持って過ごす必要が
ありますね。「イイクニ作ろう、××××」。あなただったら、×に何を当てはめますか?

それでは、今回も張り切って『Project-∞ News』スタートです!

┏ INDEX ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【1】<情報> 成果主義の見直し 〜 新たに能力主義 ITSS導入も 〜
【2】<連載読物> インストの目線 No.18〜「EXECUTE IMMEDIATE」文の使用(1)〜
【3】<読物> ちょっと一息 〜 CAVAに登録して、自宅でお仕事! 〜
【4】<連載読物> ネットワークもおまかせ! No.4
〜 OSI参照モデル/トランスポート層(1) 〜
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

==========================================================================
【1】 <情報> 成果主義の見直し  〜 新たに能力主義 ITSS導入も 〜
==========================================================================
 日本能率協会調べによると、8割弱の企業が成果主義を導入しており、そのうち
「良好に運営されている」という割合は3割に満たなかったとのことです。かつて
バブル崩壊後の企業再生のために多くの企業で成果主義を導入しました。しかし、
柔軟に仕事を変える必要がある中、「やる気を高める」目的だった企業側の説明と
は逆に、社員には目標に縛られて成果が十分に評価されない、人件費抑制の手段で
はと受け止められることもありました。

成果主義が行き過ぎた極端なケースでは、社員が人事評価時期に合わせた社内営業
を行ったりということもあります。これでは企業としての長期的な視野に立った制
度とは言えません。

そこで、最近では新しく能力に軸を置いた評価基準が注目されています。かつての
職能資格制度も建前は能力評価でしたが、ここ最近は次第に年功序列の色が濃くな
っていると言われます。今や新しく制度を見直す企業は、短期よりも長期、結果よ
りもプロセス、個人よりもチームといった目標設定とその運用に工夫を凝らしてい
ます。

そんな中、NETソフトでは経済産業省のIT専門技術に関する職種別指標であるITス
キル標準(ITSS)を能力判断に導入しましたが、ITSSレベルで賃金等級が決まるとい
うことです。外部からの人材投入時にもこの基準がわかり易いという利点があると
のことです。

以前、私が対日ビジネスで成功している中国企業のオフィスを訪問した時のことで
す。普段皆が仕事をしている部屋の壁に大きく"優秀社員賞"の貼紙がありました。
併せて、わせて評価基準とその獲得ポイントも示してあり、その企業では、100%顧
客満足度による評価を行なっておりました。どの社員も生き生きと目を輝かせて仕
事をしていたことを思い出します。企業と社員の目標にズレが少ないことの現れだ
ったのかもしれません。(Text by YukiYuki)

==========================================================================
【2】インストの目線 No.18 〜 「EXECUTE IMMEDIATE」文の使用(1) 〜
==========================================================================
 今回から「EXECUTE IMMEDIATE」文に関して、数回に渡ってご紹介していきます。
PL/SQLでDDL文を実行させる方法について、対面研修での受講生から頂いた質問よ
りご説明していきましょう。

<< 質問 >>
表に格納されている大量のデータを全て削除するには、TRUNCATE文を利用すると素
早く処理できますが、これをPL/SQLの中で使用するとエラーになります。何故です
か?

<< 回答 >>
TRUNCATE文は、DDL文(データ定義言語)であるため、PL/SQLから実行するには動
的SQL文を使用する必要があります。

<< 解説 >>
まず、TRUNCATE文について、少し説明しておきます・・・。

TRUNCATE文は、表内の全てのデータを一括削除することができるコマンドです。

***** 構文 *****
TRUNCATE TABLE 表名;
****************

 注意としては、TRUNCATE文はDDL文であるため、この操作をロールバック(取り
消し)することが出来ない点です。
ロールバックする可能性がある場合には、DELETEコマンドを使用してください。
こちらはDML文(データ操作言語)であるため、ロールバックすることも可能です。

また、PL/SQLでDDL文を実行するには、動的SQL文というのを使用する必要があると
いうことも覚えておいてください。

それでは、TRUNCATE文をPL/SQLで使用する方法を紹介していきます。

 例えば、下記のようなプロシージャを作成しようとすると、コンパイル・エラー
が発生します。

*******************************

SQL> CREATE OR REPLACE PROCEDURE trunc_jutyu
2 IS
3 BEGIN
4 TRUNCATE TABLE jutyu;
5 END;
6 /

警告: プロシージャが作成されましたが、コンパイル・エラーがあります。

*******************************

このコンパイル・エラーを訂正するには、DDL文であるTRUNCATE文を動的SQL文とし
て実行する必要があります。
Oracle8i以降であれば、EXECUTE IMMEDIATE文を利用することで簡単に処理するこ
とが可能です。
なお、EXECUTE IMMEDIATE文は、DDL文や動的SQL文を実行するためのパッケージ・
プロシージャでOracleから提供されています。
まずは、下記へ訂正したプロシージャを示します。

*******************************

SQL> CREATE OR REPLACE PROCEDURE trunc_jutyu
2 IS
3 BEGIN
4 EXECUTE IMMEDIATE 'TRUNCATE TABLE jutyu';
5 END;
6 /

プロシージャが作成されました。

*******************************

上記のように、EXECUTE IMMEDIATE文を使用することにより、PL/SQLでもDDL文の実
行が可能になります。また、下記のプロシージャを見てください。

*******************************

SQL> CREATE OR REPLACE PROCEDURE trunc_jutyu
2 IS
3 trunc_stmt VARCHAR2(50);
4 BEGIN
5 trunc_stmt := 'TRUNCATE TABLE jutyu';
6 EXECUTE IMMEDIATE trunc_stmt;
7 END;
8 /

プロシージャが作成されました。

*******************************

上記のプロシージャ、理解できましたか?
まず宣言部では、「trunc_stmt」という名の変数を宣言し、実行部でこの宣言した
変数「trunc_stmt」にTRUNCATE文を格納しています。

そして、その後、EXECUTE IMMEDIATE文で実行させます。
この、“変数に実行するSQL文を格納できる”というのがポイントです!
これにより、EXECUTE IMMEDIATE文の利用も幅が広がると思いませんか?
DDL文に限らず、動的なSQL文を実行させることも可能ですよね。

動的SQL文の実行例は、次回にご紹介したいと思います。どうぞ、お楽しみに!!
(Text by Dorami)

==========================================================================
【3】<読物> ちょっと一息 〜 CAVAに登録して、自宅でお仕事! 〜
==========================================================================
皆様、NTT Com チェオ様の「CAVA」という制度はご存知でしょうか?
CAVAは「おうちでカスタマーサポート業務に就業する」制度で、「.com Master」
の資格を取得されている方を対象に、面接や実務研修などを経て業務委託契約を行
えば、在宅でISP向けのカスタマーサポート業務(インターネット初心者向けのPC
接続設定に関するサポート業務)を行えるというものです。

業務を行うまでには、面接や実務研修などいくつかのステップを踏まなければなり
ませんが、CAVAスタッフとして契約することができれば、おうちで、しかも自分の
時間に合わせて仕事ができます。

在宅での業務の他にも「フィールドCAVA」という訪問セットアップサポート業務な
どもあります。

せっかく「.com Master」をもっているのに、有効利用できてないかもと思われる
方はNTT Com チェオ様のCAVAページ http://www.nttcheo.com/cava/ をご参照し
てみてはいかがですか?

また、「.com Master ★(シングル)」資格をお持ちでない方や今取得を目指してい
る方には、NTTコミニュケーションズ様にて、通常8,000円(税込8,400円)の受検
料が7,000円(税込7,350円)で受検することができる『CBTスタートキャンペーン』
が展開されています!

CBT申込受付は、今月31日(木)までとなっていますので、取得予定の方はどうぞお
早めに!詳しくは、NTTコミニュケーションズインターネット検定サイト
(http://biz.ocn.ne.jp/master/index.html)をご覧下さい。

資格を取って在宅勤務、それも自分の都合の良い時間だけお仕事・・・。
インターネットの普及と共に、ライフスタイルもどんどん変わっていきますね!
(Text by Macky)

==========================================================================
【4】ネットワークもおまかせ! No.4 〜 OSI参照モデル/トランスポート層(1) 〜
==========================================================================
<OSI参照モデル>
 前回は『OSI参照モデル』の”上位レイヤー”をご説明しましたので、今回は
「下位レイヤー」の内、”トランスポート層(4Th Layer)”をご紹介します。

さて、OSI参照モデルは次のように7つの階層に分けられておりますが、今回のアイ
テム「トランスポート層」は第4層に位置します。

======================
7.アプリケーション層
======================
6.プレゼンテーション層
======================
5.セッション層 ↑上位レイヤー
====================== <==============
4.トランスポート層 ↓下位レイヤー
======================
3.ネットワーク層
======================
2.データリンク層
======================
1.物理層
======================

[2]下位レイヤー

4.トランスポート層(Transport Layer、4th Layer)
機能:信頼性の保障と、エンドトゥーエンドのコネクションの確立

例:TCP、UDP

#TCP(=Transmission Control Protocol):TCP/IPの世界において、信頼性があり
フロー制御機能付きのセッション指向型の通信を行う為のプロトコル。物理的な構
成の相違にとらわれず、常に信頼性の高い通信を保障している。

#UDP(=User Datagram Protocol):信頼性を考えず、一方的にデータを送信するプ
ロトコル。動きとしては、上記TCPとは逆のイメージ。つまり、信頼性ナシ、フロ
ー制御ナシ、セッション型ではなくデータグラム型(一方向のみの通信)。

わかりやすく言うと、TCPはいろいろ考えてデータを送受信し相手にデータが届い
たかどうかまでチェックする一方、UDPはあまり考えずにデータを送受信し相手に
データが届いたかどうかはチェックしないプロトコル。その為、UDPの方がTCPより
も処理が早く、ネットワークの帯域も大量に専有することはないので、高速なデー
タ転送が可能なのです。

TCPとUDP、どちらのプロトコルを使うかは、送受信するデータによる、というとこ
ろですね。

詳細:トランスポート層は、上位層から送られてきたデータの分割や再構築を行い
インターネットワーキング内ではエンドトゥーエンド(End To End = ホスト(自分)
からホスト(相手)へ)のデータ転送機能を司り、送信元と受信先ホスト間で論理的
なコネクションを確立します。

「信頼性の保障」とは「送られてきたデータは、順番どおりに再構築する、データ
が転送中に1片でも欠落してしまうことがないようにする、また、このデータを転
送する前にネットワークの状況をチェックする」等というイメージのことです。

実際にどう動いているのか、例をとって見てみましょう。

私(送信元)がハニー(受信先)にデータ(セグメント)を送るとします。

私が「データ転送!」を実行、すると・・・・、

1)”ネットワーク上のどこかにいるハニー”に対して『同期』を取ろうとします。
つまり「ハニー、あなたはネットワークのどこにいるの?」というインスタントメ
ッセージを投げるようなイメージです。

そして、
2)ネットワーク上のハニーを見つけたら『コネクションの交渉』をします。
つまり「あなたと通信したいですけど、どうですか?」といったイメージの交渉で
す。

そして、

3)ハニーが「OK、いいよ!」だったら、私に『同期』を投げ返します。

そして、

4)私はハニーが投げ返してきた『同期』を受け取り、ソレに対して念押しの『確認
応答』を実施します。
つまり「じゃぁ、送りますよー」みたいな・・・。

そして、ハニーも「了解!」みたいに・・・、
5)コネクションを確立します。

そして、
6)データの送受信が行われます。

上記1)〜6)を矢印で表すと、次のようになります。

___ 私 ___ __ ハニー __
| | | |
| | | |
|________| <~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~> |__________|
_____|_____<~~~~ The Internet ~~~~>_______|_______
<~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~>
1)「同期」を投げる  ======>
2)    <=====> 「コネクションの交渉」を行う
3)    <====== 「同期」を投げる
4)「確認応答」を行う ======>
5)コネクションを確立する <=====>
6)データ送受信開始 <=====>

このように、相手を確認してから通信を行う転送タイプを「コネクション型」とい
います。感のいい方は「じゃぁ、コネクション"レス"型もある?」と思うかもしれ
ませんが、答えは「Yes」です。

この続きは、次回ご説明していきます。どうぞお楽しみに!(Text by Pingue)

………………………………………………………………………………………………
【編集後記】
皆様、こんにちは! 今月は、出張やら何やらで全国縦断の旅にでています。
先日、福岡空港へお初に降り立ちました!お土産屋さんを覗くと、やはり博多明太
子がずら〜り!どれも美味しそうなので、見ているだけでは迷ってしまい・・・、
この際だ!といろいろ味見をさせて頂いちゃいましたっ!(笑)

味見だけでおなかがいっぱいになるって、結構ツラかったのですが、その甲斐あっ
てか数の子入りの明太子とイカ入り明太子と巡り会いましたぁ・・・。とっても美
味!でございます〜(大奥風)
#ちょいと古かったでしょうか???

今週の栃木への出張では、”宇都宮餃子”を楽しみにしています!
皆さん、季節外れの雪が降ったりと寒い日が続いていますので、どうぞ風邪をひか
ないようにしてくださいね!(Text by Stitch)

┏┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・ 
┏┏┏┌ G.F.Infinity Inc. ジー・エフ・インフィニティ
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

『Project - ∞』は有限会社 G.F.インフィニティの登録商標です。
【Copyright G.F.Infinity Inc. 無断転載を禁じます。】
Copyright © Golden Forest Inc. G.F.Infinity Inc. 2006