トップページへ ユーザー登録・変更 トレーニング開始


  

         
 
Google
 
Web gfinf.net

役立つ資格メールマガジン『Project-∞ News』を御購入頂いたユーザ様に無料で配信します!
Project-∞最新機能や、各業界動向などを定期的にお届け致します。メールマガジンの登録は
ユーザー登録・変更ページ
からできます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【Project - ∞ News】 こんな資格試験を受けてみよう!     vol.008  
            <http://www.gfinf.net>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Project - ∞ …
それは教育業界の常識を覆す、低価格・高品質な教育ツールの提供を企てる計画。
第一弾としてリリースした『Project - i』はIT関連資格として皆様に好評を得ています。

┏INDEX━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【1】<お知らせ> 『Project - i』 試験時期についてのお知らせ
【2】<読物> こんな資格試験を受けてみよう!  〜 試験に慣れましょう 〜
【3】<読物> 「Hidden Value」〜 隠れた人材価値 〜
【4】<読物> ちょっとひと息 〜 あなたはいつからパソコンを始めましたか? 〜
【5】<読物> 『Project - i』インストの目線 No.8 〜 MERGE文の使い方 〜
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

=========================================================================
【1】 <お知らせ> 『Project - i』 試験時期についてのお知らせ
=========================================================================
 資格を取得する場合、該当資格試験に受験し、合格しなければなりませんが、
「.com Master」のように、試験時期が限られているものがあります。9/25より
『Project - i』に新しく追加した「.com Master★2004」トレーニングコースは、
次回試験12月にターゲットを絞って追加したものです。
 学校、会社で忙しいとは思いますが、皆さんも試験時期に合わせて計画的に
準備して頂きたいと思います。今回は、各資格の試験時期について御紹介したいと
思います。尚、めでたく合格されたから頂くメールは我々の元気の源です。
嬉しいお知らせをお待ちしています!

≪随時受験が可能な試験≫
■CompTIA
 詳細  :アール・プロメトリック株式会社かピアソンVUE株式会社の認定試験
      センター(全国100ヶ所以上)で随時受験が可能
 参考  :http://www.comptia.jp/cont_gaiyo.html

■Oracle Master
 詳細  :日本オラクル直営会場、アール・プロメトリック株式会社の認定試
      験センターで随時受験が可能。また、企業単位で資格取得を推進さ
      れる場合などは、オンサイト試験も実施
 参考  :http://www.oracle.com/education/lang/jp/certification/testreg.html

■Sun Java関連
 詳細  :アール・プロメトリック株式会社の認定試験センターで随時受験
      が可能
 参考  :http://suned.sun.co.jp/JPN/certification/registration.html

■Cisco関連
 詳細  :アール・プロメトリック株式会社かピアソンVUE株式会社の認定試験センターで
              随時受験が可能
 参考  :http://www.cisco.com/japanese/warp/public/3/jp/event/tra_ccc/ccc/
certprog/testing/register.shtml

■Microsoft関連
 詳細  :アール・プロメトリック株式会社かピアソンVUE株式会社の認定試験
      センターで随時受験が可能
 参考  :http://www.microsoft.com/japan/partners/mtc/mcp/examapli.asp

≪試験時期が決まっている試験≫
■情報処理技術者関連
 試験時期:4月、10月の第3日曜
 詳細  :年2回に分け、4月と10月のそれぞれ第3日曜に行われる。各区分に
      より4月に行われるもの、10月に行われるものに分けられる。
      初級シスアドと基本情報技術者のみ4月と10月の年2回実施
 参考  :http://www.jitec.jp/1_02annai/jisshigaiyo.html

■.com Master関連
 試験時期:7月、12月の第1日曜
 詳細  :年2回、7月と12月の第1日曜に、全国29都市にて実施
 参考  :http://biz.ocn.ne.jp/master/master/j011.html

===========================================================================
【2】こんな資格試験を受けてみよう!  〜 試験に慣れましょう 〜
===========================================================================
 7月に初リリースして以来、色々なトレーニングコースを追加して来ましたが、
ユーザ様のトレーニング履歴を見る限り、今一番人気があるのはOracleのようです。
私が数年前にOracleの資格を取得した時、色々な企業から仕事のお誘いを頂き、
一気に年収が倍になったことを思い出します。

 最近では、以前に比べて資格取得のブームは去ったかのように感じますが、
それでもやはり、企業が社員を評価する際には資格の有無を聞かれることが多い
ようです。実際に、この10月より、大手IT専門派遣会社の株式会社パソナテック様
において、登録スタッフ向け資格取得ツールとして、『Project - i』を正式に採用
されました。これは、せっかく持っている技術を派遣先の企業様に目に見える
"資格"という形で提示したいからなのです。

 では、何の資格を取得すればいいのでしょうか? 学校や会社で求められている
ものもあるかと思いますが、合格には試験に慣れて受かるコツをつかむ事も大切
です。しばらく受験から離れていた方やIT初心者にお勧めは、「.com Master
2004★」や「CompTIA A+ 」です。これらは、他の資格に比べて割と短期間に
学習できます。これからITの勉強を始める方にとってもいい資格だと思います。

 ちょうど先日、ある派遣会社様で、OA事務系派遣スタッフ全員が「.com
Master2004★」を取得しなければならないという方針が決定されたとのことです。
今やWindowsがちょっと使える程度では物足りない、OA事務の仕事においても
IT資格という形が求められる時代なのですね。
皆さんがせっかく持っている技術をそのまま眠らせるのはもったいないです。
ぜひ頑張って資格取得に燃えて下さい!

 尚、将来的にはストリーミング機能を使ったトレーニングで、マシン操作が必要
な資格(Mous、P検等)もコースに盛り込んで、より幅広い職種のユーザ様向け
サービスも検討してしております。ぜひ、皆様からの御希望の機能やコンテンツ
等がございましたら、info_melma@gfinf.net までドシドシメールをお送り下さい。
 (Text by Stich)

===========================================================================
【3】「Hidden Value」〜 隠れた人材価値 〜
===========================================================================
 「Hidden Value」 (邦訳:隠れた人材価値:翔泳社)の一冊の本があります。
全体の論旨は、経営の失敗を社員に転嫁はできないのは当然のことで、ここで
考えるようとしていることは、「優秀な社員が多数いるにも関わらず潰れるくらい
業績が悪いということはなぜか? 優秀さとは一体は何か?」というものです。
 今、日本では10年前には想像もしなかった大手企業が次々と経営破たんという
結果となっていますが、優秀な社員が素晴らしい戦略を立てていたのになぜなの
でしょうか?

 この本では、企業は、"価値観をベースにして経営を進め、価値観に従って行動
するように人材教育を行う(能力を獲得させる)"ことこそが大切とあります。
価値観とは「何を他より優先し大切にするか」、「環境にかかわらず愚直に守る
何ものか」「利害・損得を超えて何を大切にするか」ということです。
解かりにくい方は、同業他社の企業を訪問した際に自社では重視していないのに
大切にしていること、あるいはその逆を感じたことを思い出してもらえればと思います。

 戦略を重視するあまり、企業が何をもっとも大切にしているかを忘れ、信条や
価値観とそぐわない戦略を立てると長期ではうまく行かないことが多い、そして、
よく言われる報酬は必要な条件ではあっても動機付けを長期で高め続けるのに
十分な条件ではないと書かれています。

 そして、実証研究結果により、「社員重視という価値観の経営」が長期での成功
をもたらしているとあります。具体事例として、サウス・ウエスト航空の従業員の
比類なき働きからくるローコスト経営について記載されています。[まず社員満足]
→[結果としての顧客への十分なサービス]→[顧客のリピート:生産性、売上、
利益の増加]→[結果としての株主満足]という、「価値連鎖=バリューチェーン」
の順序が明確です。価値観とは、実は、こうしたシンプルなもののようです。

 "企業の価値観"あってこその"人材価値"。何だか簡単そうで難しそうなちょっと
面白いお話です。 (Text by Yukiyuki)

===========================================================================
【4】ちょっとひと息  〜 あなたはいつからパソコンを始めましたか? 〜
===========================================================================
 コンテンツ作成のかたわら、時々パソコンスクールでの指導を頼まれることが
あります。このスクールの生徒さんの年齢層はとても広く、小学生から80歳過ぎ
の方まで様々なのすが、そこで、初めてパソコンを学習するシニアの方々にいつも
大変感心させられる事があります。それは、皆さん、とても勤勉で理解が早いと
いう事。自分が本当に納得するまで何度も尋ね、練習を重ねられるのです。

 御歳82歳でパソコンを購入されたのをきっかけにスクールに通い、若い人と
変わらないペースで次々とステップを進めていかれる方。72歳で、どうせやるから
には資格を取ろうと決断され独学で勉強後、6割の点に満足できず、もう一度
きちんと習いたいとおっしゃる方。78歳で一通りパソコンを勉強されて自分で
ホームページを作られた方等々…。

 シニアの方々はとても謙虚でパワフルです。数十年先の自分を想像すると
そんなふうになれるだろうか(60歳あたりで死にそうな気が…)といつも恥ずかしく
なってしまいます。私はスクールで教えている一方で、逆に色々なことを教えて
もらっている気がします。 
改めて、"学ぶ"ということに年齢や意欲の限界は無いのですね。 (Text by Hiropon)

============================================================================
【5】インストの目線 No.8 〜 MERGE文の使い方 〜
============================================================================
 今回の内容は、ORACLEの「MERGE」文についてです!
MERGE(マージ)文は、SQL言語のデータ操作文に分類されているのですが、
意外と知らない人も多いようです。この機会にぜひ知って理解を深めて下さい。

 MERGE文とは、条件付きで表にデータを追加したり、表中のデータを変更する
ことができるSQL文です。2つの表を比較しながら操作を行い、その2つの表を
比較するための条件によってINSERTを実行するのか、UPDATEを実行するのかを
決定させることができます。

【MERGE構文】
**********************
MERGE INTO 表名1    → データの操作を行う表の指定
USING 表名2      → 比較に使用する表の指定
ON (比較条件)     → 2つの表の比較条件
WHEN MATCHED THEN   → ON句の条件に一致した場合の処理を指定
UPDATE
SET 列名 = 値, 列名 = 値・・・
WHEN NOT MATCHED THEN → ON句の条件に一致しない場合の処理を指定
INSERT (列名, 列名・・・)
VALUES (値, 値・・・) ;
**********************

では次に、ある学習塾での成績表を例に具体的に御紹介しましょう!

【具体例】
学習塾では「東京校」と「大阪校」それぞれ別々に成績表を管理をしています。
しかし、両校のデータが同期がとれるように定期的に更新する必要があります。
現在、両校でそれぞれ管理している成績表のデータは下記の通りです。

SELECT * FROM 成績表_東京;

名前 数学 英語 所属
---------- ---------- ---------- ----------
星一徹 100 60 東京
星飛雄馬 80 70 東京
左門豊作 100 80 大阪

SELECT * FROM 成績表_大阪;

名前 数学 英語 所属
---------- ---------- ---------- ----------
星一徹 100 95 東京
星飛雄馬 80 70 東京
左門豊作 100 80 大阪
花形満 70 60 大阪

上記のデータには、2つの違いがありますね。
大阪校の「成績表_大阪」に、花形満さんのデータが追加され、更に、星一徹
さんの英語の点数が60点→95点へ訂正されています。

この違いを一度に更新するために「MERGE文」を使用することができます。

【MERGE使用例】
MERGE INTO 成績表_東京 T
USING 成績表_大阪 O
ON (T.名前 = O.名前)
WHEN MATCHED THEN
UPDATE SET T.英語 = O.英語, T.数学 = O.英語
WHEN NOT MATCHED THEN
INSERT VALUES(O.名前,O.数学,O.英語);

4行がマージされました。

【解説】
「成績表_東京」と「成績表_大阪」という2つの表を比較し、比較条件により、
UPDATE又はINSERT処理が実行されます。この時、UPDATEやINSERT処理
が反映される表は、MERGE句に指定した「成績表_東京」であることがポイント
です! 比較条件(互いの表の名前列が等しいという条件)が一致した場合、
互いの表の英語、数学の成績が同じになるようにUPDATEを実行、比較条件に
一致しない場合には、新たに追加データを挿入するためにINSERTを実行します。

また、MERGE文の中で指定するUPDATEとINSERTの構文は、UPDATE、
INSERT単体の構文とは違う点に注意して下さい。つまり、UPDATEやINSERT
処理はMERGE句に指定した表に対して実行されるため、UPDATEやINSERT
文中で対象となる表名の指定が必要ありません。
では最後に、MERGE文の実行結果を確認しておきましょう。

【MERGE結果の確認】
SELECT * FROM 成績表_東京;

名前 数学 英語 所属
---------- ---------- ---------- ----------
星一徹 100 95 東京
星飛雄馬 80 70 東京
左門豊作 100 80 大阪
花形満 70 60 大阪

SELECT * FROM 成績表_大阪;

名前 数学 英語 所属
---------- ---------- ---------- ----------
星一徹 100 95 東京
星飛雄馬 80 70 東京
左門豊作 100 80 大阪
花形満 70 60 大阪

「成績表_東京」と「成績表_大阪」のデータが同じになっていますね。

ファイルデータの同期をとりたい場合に役に立つと思います。
ぜひ参考にして下さい。  (Text by Dorami)

…………………………………………………………………………………………………
【編集後記】
 もう何年か前の話ですが、「チーズはどこへ消えた」という本が流行りました。
当時、私も購入して読んだのですが、その後友人に貸したままになっていて、
それがつい先日手元に戻ってきました。改めて読んでみたところ、以前読んだ頃
と今の自分自身の状況が変わっている分、また新たな発見があったように感じます。
 たとえ、似たような毎日が過ぎていったとしても、時とともに確実に変化している
何かがある。慣れた生活の中にも、常にアンテナをはってステップアップしていき
たいものだと思います。 (Text by Lou)

┏┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・ 
┏┏┏┌ G.F.Infinity Inc. ジー・エフ・インフィニティ
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

【Copyright G.F.Infinity Inc. 無断転載を禁じます。】

Copyright © Golden Forest Inc. G.F.Infinity Inc. 2006