トップページへ ユーザー登録・変更 トレーニング開始


  

         
 
Google
 
Web gfinf.net

役立つ資格メールマガジン『Project-∞ News』を無料で配信します!
Project-∞最新機能や、各業界動向などを定期的にお届け致します。メールマガジンの登録はユーザー登録・変更ページからできます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【Project - ∞ News】 世界を考えるあれこれ・・・       vol.007  
            <http://www.gfinf.net>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Project - ∞ …
それは教育業界の常識を覆す、低価格・高品質な教育ツールの提供を企てる計画。
第一弾としてリリースした『Project - i』はIT関連資格として皆様に好評を得ています。

┏INDEX━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【1】<お知らせ>『Project - i』〜 新規追加コースの御紹介 〜
【2】<読物>中国における教育ビジネス
【3】<読物>ちょっと一息  〜 イチロー選手大記録の裏側 〜
【4】<読物>『Project - i』インストの目線 No.7
               〜 英字ソートの決まりごと 〜
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

=========================================================================
【1】 <お知らせ> 『Project - i』〜 新規追加コースの御紹介 〜
=========================================================================
前回ご案内したリリース予定のコースのうち、以下のコースが『Project - i』のトレーニングコースに登場しました! 是非一度お試し下さい!!

■.com Master ★ 2004 (2004/9/25よりコース開始)

NTTコミュニケーションズ認定のインターネット検定、通称「.com Master」は最新のインターネット知識やパソコンの技術動向を反映させたベンダーフリーな検定です。認定するグレードは、★(シングルスター)〜★★★(トリプルスター)まであり、★(シングルスター)では、パソコンからインターネットにアクセスし、情報を受信・活用することができるか、また企業・組織が提供するインターネットサービス利用者への指導・サポートができるかが問われます。

試験は年に2回で、次回は12月5日(日)に実施されます。今からトレーニングを開始しても、十分間に合いますのであなたもぜひ!!
詳しくは、NTTコミュニケーションズ インターネット検定事務局ホームページ <http://biz.ocn.ne.jp/master/index.html >にて御確認ください。

■CompTIA Security+ (2004/9/26よりコース開始)

Security+は、固有のベンダーに特化していないセキュリティの知識・能力を問うための試験です。暗号化や認証などの各種セキュリティ技術および、ポリシーなどのセキュリティマネージメントに関する業界標準的な資格です。セキュリティ技術業務におけるインフラストラクチャー、コミュニケーション、そして業務・組織環境において現在活用されている資源や問題を理解し、最適な環境の構築や問題解決を遂行できる能力が問われます。
マイクロソフト社認定「MCSA」や「MCSE」の選択科目にもなっている資格です。

試験実施要綱は、CompTIA日本支局ホームページ<http://www.comptia.jp/cont_gaiyo.html>にて御確認ください。

■『Project - i』の今後のリリース予定

10月リリース予定   CompTIA i-Net+
           .com Master ★★

詳しくは、What's Newでご案内してまいりますのでお楽しみに!

=========================================================================
【2】 中国における教育ビジネス
=========================================================================
以前のメルマガで、中国人のシステム開発事情について記事を載せました。今回は、あるコンサルティング会社社長に伺った中国でのビジネスについての話題です。

この会社は北京の日本大使館が目の前という大変立地条件のよい所に事務所を構えており、社長曰く、世界最大人口で12億を超す中国でのビジネスが、やはり一番面白いということでした。御存知の通り中国では一人っ子政策がとられていますが、実は、子供の数が限られているにも関わらず、良い会社に就職するには一流大学を出なければならないという流れが現実としてあるそうです。従って今の中国では、子供の教育にとても力を入れているとのことです。
 中国は、いまやGDP(国内総生産)も世界第7位。最も高い経済成長率を達成するこの国の勢いは、しばらく止まらないでしょう。まさに、「教育」ビジネスは、ビックチャンスなのかもしれません。

一方、日本では不景気と言われる中、努力無くして、余裕のある生活をすることは厳しくなっています。しかし、今の日本人にはハングリー精神を持って厳しい状況に立ち向かって行くという気合はあまり感じられないように思います。我々は、日本が世界から取り残されることが無きよう、今日本の教育についても見直す必要があると考えます。そして、『Project - ∞』を通して"教育"を見直すきっかけを人々に提供していければと思います。
(Text by Stich)

=========================================================================
【3】 ちょっと一息  〜 イチロー選手大記録の裏側 〜
=========================================================================
海の向こうアメリカ、メジャーリーグでは、イチロー選手が年間最多安打記録に並び更に記録を更新し続けています。メディアは毎日のようにイチロー選手にまつわる話題を取り上げていますが、その中で、"安打数へのこだわり"という話がありました。これだけの安打を放っていますので、打率の方もダントツの首位。でもイチロー選手は打率よりも安打数を重視しているのだそうです。打率はアベレージが上がってきた時に、そのアベレージをキープするため、次のバッターボックスに入りたくなくなる。これに対して、安打数を増やすには、1回でも多くバッターボックスに入らなくてはなりません。これこそがイチロー選手のこだわり。チームとして勝つためには、打率よりも安打数、そう考えてのことだったのですね。
 また、イチロー選手は長時間の映画鑑賞はしないそうです。目の疲れによる視力の低下を避けるためなのだそうですが、そういう徹底したコンディショニングによって、これだけの偉業を成し遂げらたというわけです。

己を磨き、チームの勝利のために安打を放ち続けるイチロー選手。前記録保持者のシスラー選手の家族を含め、世界中の人々がイチローに拍手を贈りました。今年はチームとしては残念な結果に終わってしまいましたが、来年もまた"世界のイチロー"が、チームと記録更新のために更なる飛躍を遂げることと思います。
(Text by Lou)

=========================================================================
【4】インストの目線 No.7 〜 英字ソートの決まりごと 〜
=========================================================================
今回は、SQL文でデータのソートに関するお話です。受講生からも質問がありましたが、Oracle Master試験にも出題されている内容ですので、是非参考にしてください!

【質問】
アルファベット文字でのソートを行う際、大文字の“A”と小文字の“a”では、どちらが“小さい”扱いですか?

【回答】
大文字の“A”の方が小さいという扱いになっています。
データのソートを行う際、比較する対象が文字データの場合、そのデータの大小はASCIIコードの順で決まります。ASCIIコードは、大文字A〜Zが「65〜90」、小文字のa〜zが「97〜122」となっているため、小文字よりも大文字の方が小さいことになります。

では、実際にSELECT文にORDER BY句を使用し、データのソートを試してみましょう!
確認に使用する「TEST」表の「COL1」列には、データとして大文字の「ASCII」、小文字の「ascii」の2件が格納されています。このTEST表をデータの小さい順にソート(昇順ソート)してみます。

SQL> SELECT * FROM test
2 ORDER BY col1;

COL1
------
ASCII
ascii

結果、大文字の“A”の方が小さい扱いになっていることが解りますよね。
次に、念のため、データを大きい順にソート(降順ソート)し直してみましょう。

SQL> SELECT * FROM test
2 ORDER BY col1 DESC;

COL1
------
ascii
ASCII

結果、降順ソートですので、大文字の“A”の方が小さいことが解ります。

ポイントは、次の2点。
・文字ソートは ASCIIコード順
・アルファベット大文字A〜Zコード(65〜90)が、小文字a〜z(97〜122)コードより小さい
ぜひ、試験対策として覚えておきましょう。
(Text by Dorami)

…………………………………………………………………………………………………
【編集後記】
第二次小泉改造内閣が発足しました。しかし、多くの期待とは裏腹に発足して間もなく、内外から多くの反発があるようです。「つくづく人事は難しい・・・」。この首相の言葉は、見方を変えればそのまま企業経営者の言葉にも当てはまるように思います。 社員にとって、実績に基づく評価制度や下された評価に対するきちんとした説明は誰しもが求めるところです。一時期、人事評価の世界では社員に求める"コンピテンシー"という言葉が飛び交いました。会社が社員を評価する際の評価項目がコンピテンシーですが、これを社員自身が認知していない場合に、場合によっては、組織を円滑に維持することが難しくなることがあります。
 全員が納得のいく人事など、なかなか有り得ないと思います。しかし、「やる気のある人にとって"やる気の芽"を潰される事がない、そんな世の中に」と願いたいものです。
(Text by Yukiyuki)

┏┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・ 
┏┏┏┌ G.F.Infinity Inc. ジー・エフ・インフィニティ
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

【Copyright G.F.Infinity Inc. 無断転載を禁じます。】

Copyright © Golden Forest Inc. G.F.Infinity Inc. 2006