トップページへ ユーザー登録・変更 トレーニング開始


  

         
 
Google
 
Web gfinf.net

役立つ資格メールマガジン『Project-∞ News』を無料で配信します!
Project-∞最新機能や、各業界動向などを定期的にお届け致します。メールマガジンの登録はユーザー登録・変更ページからできます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【Project - ∞ News】 Project - i 追加コース続々登場!!   vol.006   
            <http://www.gfinf.net>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Project - ∞ …
それは教育業界の常識を覆す、低価格・高品質な教育ツールの提供を企てる計画。
第一弾としてリリースした『Project - i』はIT関連資格として皆様に好評を得ています。

┏INDEX━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【1】<お知らせ>『Project - ∞』が日経新聞に掲載されました!
【2】<お知らせ>『Project - i』〜 新規追加コースのご紹介 〜
【3】<読物>企業の声 - 派遣会社に訊く 〜 スタッフに求める本当のところ 〜
【4】<読物>『Project - i』 IT資格情報 〜 今、注目の資格 LPIC 〜
【5】<読物>『Project - i』インストの目線 No.6
       〜 表データをTAB区切りファイルに出力したい 〜
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

=========================================================================
【1】 <お知らせ>『Project - ∞』が日経新聞に掲載されました!
=========================================================================
『Project - ∞』が初めてネット公開したのは、今年の7月初めでした。お陰様で登録ユーザーも少しずつ増えてまいりました。しかし、大規模な宣伝を行う余裕もなく毎日コンテンツ作りや開発に追われるメンバー達。
 そんな中、突然の朗報でした。日本経済新聞社からの電話は、『Project - ∞』の「e-ラーニング」取材依頼だったのです。興奮冷めやらぬ取材の後、肝心の媒体名を聞き忘れてしまったことに気付き、一体どの新聞やら・・・と祈りの日々でした。そして、9月8日に日本経済新聞の本誌朝刊に載りました。ウルウル・・・。

その後、それまでは個人ユーザー様からのお問合せが多かったのですが、企業様からの問い合わせが急増しています。中には、企業の教育担当者様が社員の研修環境を整えたいという思いがヒシヒシと伝わってくるものもありました。また、9月末に、イントラ/エクストラ版を発売することをお伝えすると、やはり企業内のセキュリティ問題にかなり憂慮されていることをうかがい、我々も『Project - ∞』の社内導入に際しては、十分な配慮をすることをお約束した次第です。

こうして、多くの方々の声を届けて頂けるということは、本当にありがたいことです。これからも皆様のご期待に添えるよう頑張っていきたいと思います。
(Text by Stich)

=========================================================================
【2】 <お知らせ>『Project - i』〜 新規追加コースのご紹介 〜
=========================================================================
お待たせしました! 皆さんからの問い合わせ、要望が高かった以下のコースが『Project - i』のトレーニングコースに、いよいよ登場しました!是非一度お試し下さい!!

■情報処理技術者試験 初級システムアドミニストレータ

システム利用者が担当業務の情報化をエンドユーザの立場から推進するための資格です。従って、普段システム利用をしているエンドユーザやそのリーダーが取得するのにふさわしいとされている情報処理技術者資格の1つです。パソコンや情報システムに関する一般的な知識を活用し、情報化リーダー的存在として働く人向けの資格です。

■ComTIA Server+

PCサーバのOSのインストール・コンフィグレーション・トラブルシューティング等を経験した技術者を対象としたComTIA認定資格。試験では固有のベンダーに特化していない広範囲な知識が問われるため、あらゆる有名ベンダーの最先端ハードウェアに関する知識を習得する際のベース作りができます。

マイクロソフト社認定「MCSA]の免除科目のひとつになっているほか、HP社認定資格でも取得が受験条件になっている資格です。


■『Project - i』の今後のリリース予定

9月下旬リリース予定 CompTIA Security+
           CompTIA i-Net+
           .com Master ★

10月リリース予定   .com Master ★★

詳しくは、What's Newでご案内してまいりますのでお楽しみに!

=========================================================================
【3】 企業の声 - 派遣会社に訊く 〜 スタッフに求める本当のところ 〜
=========================================================================
先日、都心の大手派遣会社 教育担当の方から貴重なお話を伺いました。この会社では、毎月何十人もの技術者が、派遣スタッフとして登録されています。

「多くの技術者の方が、大変素晴らしいキャリアや資格を持って登録に来られます。我々の仕事は、スタッフの方々に適した良い仕事を提供することのみではなくて、派遣先の企業様にも心から喜んで、そして安心して受け入れてもらえるスタッフを送り出すことでもあります。つまり、スタッフの方々に求めるのは、単に技術力のみではなく、企業様に信頼してもらえることだと考えます。一言でいうと、それは、"スタッフのやる気"なんです。しかし、この"やる気"をどうやって図るのかは難しいところなんですが・・・。」
(大手技術派遣 I 社 サービス推進担当様)

この事がきっかけで、我々は、即、"やる気"をどのように『Project - ∞』に組み込んでいけるのかをテーマに考えました。
そして、その結果が、9月11日から機能追加された "トレーニング履歴グラフ機能"だったのです。それまであった"ランキング機能"は、他の人との相対評価を示すものです。 "トレーニング履歴グラフ機能"で、自分自身のトレーニングの状況推移を見てみて下さい。あなた自身の絶対評価に役立てて下さい。どのようにグラフが表示されていても、それはあなた自身の『やる気』の表れとして、自信を持ってトレーニングして頂ければと思います。
(Text by Yukiyuki)

===========================================================================
【4】『Project - i』 IT資格情報 〜 これから注目の資格 LPIC 〜
===========================================================================
今後、拡大が予想されるオープンソースOS、Linux。これからますます注目されることでしょう。著作権を気にする必要がありませんし、インターネットや雑誌の付録で簡単に入手可能です。Linuxの導入は、基本的にコマンドラインベースですのでWindows OSやMAC OSと比べると操作性の面では複雑ですが、セキュリティに優れていますので、今後は、個人のみならず、企業での導入も増えていくと思われます。

そしてこのLinuxの技術力を評価する資格がLPICです。これは、Linuxを扱う専門家達を支援し、援助する目的で設立された非営利団体であるLPI(The Linux Professional Institute)の認定資格です。Linuxの市場拡大と共に、急速にLinux技術者のニーズが高まる中、LPICは、中立的な立場での評価基準として、世界各国で注目を集めています。

試験種類は、レベル1〜3の3段階(レベル3は開発中)。レベル1は、全てのLinuxに共通の基本的知識、レベル2は、トラブルの解決やシステムのプランニング能力が問われます。国際的に通用する資格ですから、大注目ですね。

『Project - i』でも、トレーニングコース追加の準備に着手致しました。今後メルマガやWhat's new欄で、随時アナウンスしてまいりますのでご期待下さい!

「LPIC」に関しての詳細は以下をご参照下さい。
http://www.lpi.or.jp/
(Text by Lou)

===========================================================================
【5】インストの目線 No.6 〜 表データをTAB区切りファイルに出力したい 〜
===========================================================================
前回、Oracleの表データをカンマ(,)区切りのCSV形式でファイルへ出力する方法をご紹介しましたが、今回は、その応用版で、TAB区切りでファイルへ出力する方法を試します。TAB区切りでデータを扱うことも結構ある私、Dorami自身が試してみました。ぜひ、参考にして下さいね。

今回のポイントは、「CHR()関数」を使用するということです!!

【具体例】
まずは、下記のようなテスト表を作成しておきます。
---------------------------------
CREATE TABLE test
(col1 NUMBER(10), col2 NUMBER(10), col3 NUMBER(10));
INSERT INTO test VALUES (1, 2, 3);
INSERT INTO test VALUES (4, 5, 6);
COMMIT;
---------------------------------

次に、テスト表データをTAB区切りでファイルに出力させます。

SQL> SPOOL C:\ORACLE\test_tab.txt

SQL> SELECT col1 || CHR(9) || col2 || CHR(9) || col3
2 FROM test;

COL1||CHR(9)||COL2||CHR(9)||COL3
-------------------------------
1 2 3
4 5 6

SQL> SPOOL OFF

【解説】
CHR()という関数は、ASCIIコードを文字として返すSQL関数です。ASCIIコードでTABは“09”ですから、CHR(9)と指定することによりTABを入れることができます。SELECT文で列の間がTAB区切りになるよう、それぞれの項目の間に、CHR(9)関数を挿入するところがポイントです。

上記の表示結果では、解りづらいかもしれませんが、「本当なの?」と疑った方、実際に試して確認してみてくださいね。

あとは、前回の内容と同様、
  SELECT結果の見出しを非表示にするには ---> 「SET HEADING OFF」
  ”〜行選択されました”メッセージを非表示にするには--->「SET FEED OFF」
を利用してください。   
(Text by Dorami)

…………………………………………………………………………………………………
【編集後記】
9月も半ばを過ぎ、暑さが和らいできました。日中は半袖でも少し汗ばむくらいですが、朝晩は半袖では少し涼しいくらいですね。いよいよ秋の到来です。秋・・・、皆さんはどのように過ごされるでしょうか?食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、旅行の秋、何をするにもいい季節です。
スポーツ馬鹿な私ではありますが、今月末に引越しを控え、準備やら手続きに追われ、最近、ちっともスポーツを楽しむ時間が取れません。落ち着いたら、その反動でスポーツに狂う秋になりそうです。
10月に受験の資格も多いようですが、皆さんの秋は、資格取得の後のご褒美に温泉に出かけたりするのでしょうか?
(Text by Lou)

┏┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・ 
┏┏┏┌ G.F.Infinity Inc. ジー・エフ・インフィニティ
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

【Copyright G.F.Infinity Inc. 無断転載を禁じます。】

Copyright © Golden Forest Inc. G.F.Infinity Inc. 2006