トップページへ ユーザー登録・変更 トレーニング開始


  

         
 
Google
 
Web gfinf.net

役立つ資格メールマガジン『Project-∞ News』を無料で配信します!
Project-∞最新機能や、各業界動向などを定期的にお届け致します。メールマガジンの登録はユーザー登録・変更ページからできます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【Project - ∞ News】 大好評!1000ライセンス突破!!   vol.003 
        <http://www.gfinf.net>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Project - ∞ …
それは教育業界の常識を覆す、低価格・高品質な教育ツールの提供を企てる計画。
まずは、第一弾としてのProject-i 計画、7/12に正式リリース致しました。

┏INDEX━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【1】<お知らせ> Project - ∞ 好評発売中! 是非一度お試し下さい!!
【2】<読物> Project - ∞ 〜e-Learningの現状を探る〜
【3】<読物> Project-i IT資格情報 〜ORACLE Master10g資格をズバリ解説〜
【4】<読物> Project-i インストの目線 〜PL/SQLデバッグに知っとくと便利〜
【5】<読物> 読者コーナー 〜新入社員Yさんのお話〜 どんな風に学習する?
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

=========================================================================
【1】<お知らせ>Project-∞  好評発売中! 是非一度お試し下さい!!
=========================================================================
Project-∞ は、7/12正式リリース以降、一般ユーザーや企業の方々、各方面から
反響がありました。お蔭様で、1000ライセンスを突破致しました!
ここに感謝の意を表すとともに、今後のコンテンツの充実、使いやすさの探求を
お約束したいと思います。今後とも御愛顧頂きます様、よろしくお願い致します。

まだ未体験の方にデモ版もご用意致しました。この機会に、是非一度、お試し下
さい! 詳細は、Project - ∞ < http://www.gfinf.net > へ今すぐアクセスを!

=========================================================================
【2】Project - ∞  〜e-Learningの現状を探る〜
=========================================================================
" e-Learning" ってそもそも何?
唐突な質問ですが、実はとても幅広いジャンルをサポートしていることが、
e-Learningビジネスにおけるカテゴリーを見てみると解ります。

 (1)企業内で社員教育等の教育マネージメントツール提供を行うビジネス
 (2)各種教育関連データを編集してソフトウェアを作成するビジネス
 (3)教育コンサルティングビジネス
 (4)コンテンツ開発・提供を行うビジネス
 (5)コンテンツ受託開発
 (6)外部教育を受けるための運用サポートビジネス

ちなみに、Project - ∞ は、(4)に属します。皆さんの会社で、気がついたら社
内研修がPC、ブラウザーに変わっていたということはありませんか? 今や、PC、
インターネットといった学習形態は、特定の人が使う時代ではなく、日々の生活
に当り前のように導入されているように思います。
実際に、日本イーラーニングコンソーシアムに登録されている数を調べてみると
ここだけで、1500以上ものサービス・製品(2004年8月現在)がありました。

我々が目指すe-Learningは、機能はシンプルですが低価格・高品質。いつでもど
こでも学べ、誰でも利用できるお手軽な学習ツールの提供です。つまり、これは
人に優しい教育ツールということになりますか・・・。(笑)

=========================================================================
【3】Project - i IT資格情報 〜 ORACLE Master 10g資格をズバリ解説 〜
=========================================================================
ORACLE Masterとは、世界で高い評価を受けているオラクル製品について、ORACLE
D/Bエンジニアの実力を証明するためには欠かせない資格となっています。

2004年4月にOracleデータベースの最新版「Oracle Database 10g」がリリースされ
これに合わせて、ORACLE Masterも10g に対応した試験が開始されました。そこで
複雑でわかりにくいと多くの方の声がありました、ORACLE Master10gの資格体系に
関する情報をお知らせ致します。

【ORACLE Master Bronze 】 2004年6月試験開始
  DB管理者として必須となる管理業務を行うための知識を認定する資格です。
  <合格に必要な科目> 2科目 「Bronze SQL基礎T」「Bronze DBA 10g」
  ※「Bronze SQL基礎T」は、2004年10月初回実施予定です。
  現在は、ORACLE Master Silver Fellow からの移行試験として、
  「Bronze DBA 10g」のみ、開始されています。

【ORACLE Master Silver】 2004年11月試験開始予定
 インストールや環境構築、バックアップリカバリなど、大規模データベースの
 管理者として必要な知識を持つ技術者を認定する資格です。
 <合格に必要な科目> 1科目 「Silver DBA 10g」

【ORACLE Master Gold】 2004年11月試験開始予定
 効率的に運用するためのパフォーマンス診断やそれに基づくチューニング、
 各種リソースの管理に関する知識を有する技術者を認定します。また、
 障害状況に応じたリカバリの実施等を行うための知識も要求されます。
 <合格に必要な科目> 1科目「Gold DBA 10g」
※科目合格とは別に、特定の研修(ハンズオン・コース)を受講する必要が
  ありますので御注意ください。

【ORACLE Master Platinum】開始日未定
 最高度の技術力を持つOracle技術者を実技試験によって認定する資格です。

いかがでしたか? ORACLE 10gはまだ一部の試験しか開催されておりませんが、
今後もいち早く皆様に最新情報を届けられるようしたいと思っております。
また、合わせてトレーニングコースの準備も行う予定ですのでお楽しみに!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞
  参考
∞∞∞∞∞∞∞∞∞
日本オラクル ホームページ < http://www.oracle.co.jp/ >

=========================================================================
【4】インストの目線 〜PL/SQLデバッグに知っとくと便利〜
      PL/SQL DBMS_OUTPUT.PUT_LINEプロシージャ
=========================================================================
今回は、Oracle独自のプログラミング言語「PL/SQL」に関する質問を御紹介します。

PL/SQLブロック(プログラム)中の情報を画面に表示させるものとして、
DBMS_OUTPUT.PUT_LINEというパッケージ・プロシージャがあります。
これは、PL/SQLブロック実行中の出力内容をバッファに保存し、PL/SQLブロック
の実行終了時にバッファの内容を画面に出力してくれるというものです。
但し、DBMS_OUTPUT.PUT_LINEプロシージャを使用した出力は、SQL*Plusと
iSQL*Plusの画面にしか出力されません。Oracle社のその他のツールやC言語など
からPL/SQLブロックを実行させる場合には画面出力はできません。

DBMS_OUTPUT.PUT_LINEプロシージャは、主にPL/SQLのデバック目的に利用します
が、通常、下記のような情報を出力するために使用します。
・PL/SQLブロックの開始/終了等のメッセージ
・操作を実行する際のメッセージ
・変数の値(代入前後の値など)
つまり、デバック中の変数値や独自バッファにメッセージ等の情報を保存して、
最後に纏めて出力してくれます。

では、本題の質問内容に入ります・・・。

【質問】
「演習で色々と試してみましたが、DBMS_OUTPUT.PUT_LINEプロシージャのバッファ
 は2000バイトまでしか利用できないのでしょうか? 2000バイトを超えるとエラー
 になってしまいます。」
【回答】
「バッファサイズは、2000〜1000000バイトの範囲で指定することができますが、
 デフォルトのバッファサイズは2000バイトになっていますので、DBMS_OUTPUT.
 ENABLEプロシージャを使用してサイズを変更して下さい。」

 ◆サイズ変更前の利用例
 SQL> SET SERVEROUTPUT ON -- DBMS_OUTPUTプロシージャを有効化
 SQL> BEGIN
 2 FOR i IN 1..50 LOOP
 3 DBMS_OUTPUT.PUT_LINE('ループのカウンタ値は' || i || 'です。' );
 4 END LOOP;
 5 END;
 6 /
ループのカウンタ値は1です。
ループのカウンタ値は2です。
ループのカウンタ値は3です。
-------- 途中省略 --------
ループのカウンタ値は45です。
ループのカウンタ値は46です。
ループのカウンタ値は47です。
BEGIN
*
行1でエラーが発生しました。:
ORA-20000: ORU-10027: buffer overflow, limit of 2000 bytes
ORA-06512: "SYS.DBMS_OUTPUT", 行35
ORA-06512: "SYS.DBMS_OUTPUT", 行198
ORA-06512: "SYS.DBMS_OUTPUT", 行139
ORA-06512: 行3

デフォルトのバッファサイズ(2000バイト)を超えてしまったために、エラーと
なりました。では、DBMS_OUTPUT.ENABLEを使用して、バッファサイズを5000バイ
トにしてみましょう。

 ◆サイズ変更を伴う利用例
SQL> BEGIN
 2 -- バッファサイズを5000バイトに指定
 3 -- (2000〜1000000バイトの範囲で指定可能)
 4 DBMS_OUTPUT.ENABLE(5000);
 5 FOR i IN 1..50 LOOP
 6 DBMS_OUTPUT.PUT_LINE('ループのカウンタ値は' || i || 'です。' );
 7 END LOOP;
 8 END;
 9 /
ループのカウンタ値は1です。
ループのカウンタ値は2です。
ループのカウンタ値は3です。
-------- 途中省略 --------
ループのカウンタ値は48です。 
ループのカウンタ値は49です。 
ループのカウンタ値は50です。 


PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

今回の内容はいかがでしたか? 個人的には、なかなか面白い質問だなと思います。
ただ、DBMS_OUTPUTプロシージャは、デバック機能としては、決して高機能なもの
とは言えませんので、利用できる範囲で活用して頂ければと思います。

     Text by Dorami

=========================================================================
【5】読者コーナー  〜 新入社員Yさんのお話 〜 どんな風に学習する?
=========================================================================
このコーナーは、読者の皆様から頂いたご質問やご意見を掲載するコーナーです。

「今年入社したばかりで社内研修やOJTで技術習得しているところですが、せっか
 くなので資格取得しようかと思っていました。ちょうどProject-∞の事を聞き
 つけ、まずはデモ版を体験して、どの資格が自分にあってるのかトライしてみ
 ました。価格が安いので即購入を決めましたが、空いている時間にじっくり
 勉強したいと思います。これからどんなコースが増えていくのか楽しみです。」
                 (IT系の企業に今年就職した新入社員のYさん)

Yさんが最初に体験したのは、"適正試験モード"で、自分にどの資格/コースが合っ
ているのか探るのにお勧めです。テキストを読むようにじっくり学習するなら、
ぜひ"Non Stop"モードでトレーニングして下さい。

皆様方のそれぞれのレベルに応じて、知識・技術の習得のお役に立てるよう、今後
とも、コンテンツの充実を図っていきたいと思います。
Project - ∞、Project - i に関してのご質問やご意見は下記まで、どしどしお寄
せ下さい。info_melma@gfinf.net

…………………………………………………………………………………………………
【編集後記】
皆さん、暑い日が続いていますね〜。私はとっても暑いのが苦手で、クーラー大好
き人間です!この季節は外での営業はきついですね。。。
そこで・・・、少しインターネットを使って営業をしてみました。
有名なY○○オークションに出すと、アクセス数は、なんとこれまでの倍になり、
お申込くださった方も増えました。こんな暑い日は、こんな営業が一番ですね〜。
と言っていると社員のyukiyukiにダメ出しされそうなので、暑さに負けず、外回り
の営業も頑張ります!
ちなみに、夏バテ対策のお勧め食品は"ゴーヤ"です。そのまま薄〜く切って、塩揉
みし、おかかとお醤油でさらりと。もちろんビールにピッタリですよ!
皆さんもくれぐれも体に気をつけてくださいね。
Text by Stitch

┏┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・ 
┏┏┏┌ G.F.Infinity Inc. ジー・エフ・インフィニティ
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

【Copyright G.F.Infinity Inc. 無断転載を禁じます。】

Copyright © Golden Forest Inc. G.F.Infinity Inc. 2006